ニュージーランド旅行がついに解禁!?

こんにちは!本日は大変嬉しいニュースが入ってきています。

長らく国境閉鎖をしてきたニュージーランドの国境再開の見通しが立ちました。渡航には様々な条件がありますが、大まかな流れは以下となります。

  • ステップ1 2022年1月16日23:59分より – 2度のワクチン接種を完了しているニュージーランド国民、もしくはその他対象者のオーストラリアからニュージーランドへの強制隔離なしの渡航許可。
  • ステップ2 2022年2月13日23:59分より – 2度のワクチン接種を完了しているニュージーランド国民、もしくはその他対象者のすべての国からニュージーランドへの強制隔離なしの渡航許可。
  • ステップ3 2022年4月30日より – 2度ののワクチン接種を完了している旅行者を含む、個人のニュージーランドへの入国許可の開始(*段階的に進めていく可能性あり)

以上のように2022年1月にまずは国民やその他対象者の渡航、そして4月からは旅行者を含む外国人のニュージーランドの隔離なしの入国が許可されることとなりますが、入国には以下の条件を満たす必要があります。

  • 渡航直前のコロナ陰性証明書
  • 2度のワクチン接種証明書
  • 渡航者の過去の旅行歴を記載した入国カード(過去14日以内にハイリスクと認定された国へ渡航された場合、入国できません)
  • 到着時1度目のPCR検査
  • 到着後7日間の自己隔離
  • 自己隔離終了間際の2度目のPCR検査

短期旅行者には厳しい条件

国境が開く!そんな情報を嬉しく感じたものの、上記の条件を見て頂けるとわかるように、到着時に1週間の自己隔離という条件は正直、短期旅行者に厳しい条件となっています。ただ2週間ものの間政府指定のホテルにて高額の料金を自己負担しなければいけない現状をみれば、1週間の自己隔離というのは大分ハードルが下がったとも言えるでしょう。

結局旅行者はいつ入国できるのか?

実は今回の発表では外国人渡航者は4月30日より段階的に入国許可されていく可能性が高いと発表されていますが(おそらくビザの種類により)、その明確なプロセスまでは発表されていません。さらに渡航後の自己隔離施設の手配のルールやその移動手段などは今年の12月中に発表されるとされています。

今後の動き

現在ニュージーランドはコロナ排除から共生を目指した政策を進めているとはいえ、急激な感染者増加を防ぎ、感染者数をコントロールするためとても慎重に動いています。上記の厳しい条件もそのための政策ではありますが、うまく現状のコントロールができれば、徐々に緩和の流れとなる可能性は高いと言えるでしょう。また近いうちに情報のアップデートがあると思いますのでお知らせいたします。

*上記記載の条件は今後変更される可能性もございます。

それではまた!

参考 – beehive

ニュージーランド国内旅行が解禁に

こんにちは!

先日ニュージーランド政府より、国内ワクチン接種率の向上によるコロナルールの規制緩和が発表されました。3ヶ月以上のロックダウンをしているオークランドは12月の15日より、一般旅行者によるオークランド外への渡航が認められることとなり、多くの人々が望んだ自由なクリスマス休暇を迎えることができそうです。

また、11月25日からは美容室の営業が認められることとなり、長らくセルフカットをしてきた私自身も大変嬉しく思っています。ただし、条件もあります、新たに導入されたワクチンの接種証明の提示が入店時に義務付けられます。この証明書は政府ウェブサイトより申し込むことができ、私も申し込んだところ、その場ですぐにデータで届きました。ワクチン接種者をすべて把握しているからこそのスピードですね。

感染者の増加

本日の新規コミュニティ内感染者は215名となっており、死亡者もでています。今後徐々に規制緩和がされていくこととなりますが、他国ではワクチンの接種率の高い国でも感染者の増加が止まらず、再度ロックダウンを余儀なくされている国があることも事実です。ほとんどの感染者がオークランドから出ているニュージーランドですが、この度の緩和でどの程度広がっていくのか懸念もあります。

ワクチンの接種率

オークランドではワクチンの接種率がとうとう90%を超えました。ニュージーランド全体でみても84%と予想以上に早いペースで上がっているように思います。

さいごに

今後この新たな政策により、ある程度自由のある安定した生活をおくれることできるようになれば、次のステップとして国境の再開がみえてくるように思います。また何かしらの情報が入りましたらお知らせしようと思いますのでよろしくお願いします。それではまた。

Gov.nz

クリスマスへのカウントダウン

本日11月14日、ニュージーランドでは新規コミュニティ感染者が207人を記録し、その数が着実に増加している一方1度目のワクチンの接種率はニュージーランド全体で90%を超え、2度目の接種率も81%に到達したと発表がありました。

将来的に自由な生活をするためにはワクチンの2度の接種完了が必須条件となってくるニュージーランドですが、クリスマスに間に合わせるためには、期間的にあと5日以内に1度目の接種を完了する必要があります。政府はワクチンの接種率向上のため、そのリスクを懸念し、非接種の自由を訴える人々を説得するため様々な対応を進めています。

おそらくこのまま行けばオークランドでもクリスマスまでにはある程度のルール緩和がされ、家族や友人とクリスマスを過ごすことは可能となると思いますが、非接種者には厳しい対応をしていくかと考えられます。

ロックダウンをして3ヶ月徐々にコロナとの共生政策は進んでいるように思います。

それではまた新たな情報が入りましたらお知らせいたします。

オークランドロックダウン緩和へ

ワクチンの接種率が80%へと迫るオークランドは来週11月9日の火曜日より警戒レベル3のステップ2へと移行することが発表されました。

ステップ2でできること

ジムには行ける?

ステップ2へと移行することにより、市民の行動範囲やできることが少し増えます。ジムなどの公共施設の利用はまだできませんが、野外でのフィットネスクラス(ヨガやブートキャンプなど)を2メートルのソーシャルディスタンスを保つことを条件に最大25名で行うことができるようになります。

イートインは可能?

残念ながら店内での飲食はまだできません。引き続きテイクアウェイのみ許可されます。

ショッピングは行ける?

ステップ2ではいよいよ買い物ができるようになります。ただソーシャルディスタンスを保つことと、マスクの着用が義務付けられます。

美容室は行ける?

美容室はクロースコンタクト(ソーシャルディスタンスを保つことができない)に分類されるため残念ながらまだ行くことができません。今回のロックダウンで多くの方がセルフカットをしていると聞いています。

友達や家族に会える?

会えます!現段階では野外にて2世帯最大10名までという制限がありますが、ステップ2からは世帯制限がなくなり最大25名まで集まることが許可されます。今回の緩和で一番大きな変更点の一つではないでしょうか。

他にできること

上記の変更点以外にも、図書館や美術館、動物園なども営業再開します。

まとめ

上記のように緩和されたものも多くありますが、キャンプやAirBnBなどの外泊や、学校再開、またオークランドから他都市への移動など許可されていないことも多く、まだまだロックダウンの改善解除とまではいきません。

感染者数も徐々に増えてきているのも事実で、今回の緩和政策による感染者増加も懸念されます。ただ、着実に上がってきているワクチンの接種者数により予定通りクリスマス前までにはある程度自由な生活をおくれるようになるのではないかと期待します。

NZ ワクチンの接種率70%超える

こんにちは、相変わらずロックダウンしているオークランドですが、本日の新規コミュニティ感染者は80名、全体で1124名となりました。ただワクチンの接種率は着々と上がってきております。国民全体の86%が一回目の接種を完了しており、70%は2回目の接種も完了しています。

参考 – Unite against COVID-19

新たな政策

さらにニュージーランド政府は従来の警戒レベル1~4というシステムに代わって新たな”traffic-light system”直訳すると信号機システムというコロナ対策システムを発表しました。このシステムのカギとなるのがワクチンの接種です。他国でも実装されていますが、簡単に言えばワクチンの接種を完了した者は自由となり、未接種の者には制限をするという政策です。この政策は信号機の色の通り赤、オレンジ、緑(信号機の色に関してはここではあえて論じません..笑)と三段階に分かれており、この政策の導入は90%の接種率を達成した地域から導入されるようです。

上で言ったようにこの政策は国全体ではなく、90%を超えた地域から実装されるようです。これに関してニュージーランドのアーダーン首相は接種率の高いオークランドではこのままいけばクリスマス前には達成し、第一段階である赤に移行できるだろうと予測しました。

第一段階 ”赤”

赤に移行した地域では、ホスピタリティ業の営業がワクチンの接種証明をすることで許可されます。そしてこれは利用する顧客も同様です。ただ通常通りとはいかず、赤の段階では人数制限やマスクの着用、ソーシャルディスタンスを保つことやその他衛星管理が義務付けられます。

第二段階 ”オレンジ”

オークランド以外の低リスクとされるほとんどの地域は全体の接種率が90%を超えた段階でオレンジへと移行するようです。オレンジではワクチンの接種証明をしている場合に限りホスピタリティ業では制限なく営業が許可されます。またコンタクトレスがや人数制限(最大50名)、ソーシャルディスタンス(1m以上)を保つことができる業界では証明もいらないとのことです。

第三段階 ”緑”

一部感染率が低く、接種率も高いと判断された地域では緑へと移行します。緑はオレンジと少し似ていますが、より規制に緩和が見られます。ワクチンの接種証明をすれば規制なく営業ができることはもちろんのこと、接種証明をしない場合でも制限つきで営業が許可されます – 人数制限(100人まで)、ソーシャルディスタンス1mなど。

さいごに

今回のこの新たな政策の発表にはいろいろな背景があります。新たなアウトブレイクによりオークランドの感染者は着実に増え、人々の危機意識の低下やデルタ株の強い感染力もあり、以前のようなロックダウンの効果は望めなくなってきています。実際オークランドは途中政策に緩和があったとはいえ、8月からすでに2月半近くものロックダウンを続けているのにもかかわらず感染の拡大は続きました。最近では市民の不満もたまっており、ロックダウン解除、ワクチンの非接種の自由を訴えるプロテストなども目立ちます。

政府の狙いは一刻も早く感染リスクを低下させ、ゆくゆくのコロナとの共生を目指すことです。そこでこの度の政策発表やその他のサポート(ここでは触れていませんが)が良い方向に行くことを願います。

参考 – RNZ

71名の新規コミュニティ内感染者

先週警戒レベルのルールのマイナーチェンジがあり、ある程度のアウトドアアクティビティや、制限付きの交友が可能となりましたが、オークランドでの感染者は着実と増えています。

オークランドでは本日だけで71名の新規感染者が確認されており、現在の総感染者数は1790人となっています。パンデミックが始まってから完治した人々を合わせるとその数は4472名ですので、今回のアウトブレイクでいかに急速に広まりつつあるかがわかります。

政府の対応としては、引き続き体調不良の市民はPCR検査を行ってもらい、ワクチンの接種を進めていく方針です。

現在は外での制限付きの交友が可能となっていますが、あくまでも外で、室内での接触はしないようにと政府は警告しています。

参考 – RNZ

ニュージーランド減らない感染者

こんにちは!

5週間もの自主隔離生活を続けているオークランドでは、先日今後の政策が発表されました。

警戒レベル3から2へと下がるのか、注目されていたこの度の発表ですがオークランドではレベル3継続とのことです。その背景にはなかなか下がらない感染者数がありますが、本日も新規コミュニティ感染者23名と横ばいの状態が続いております。

そして政府はこのような状況を脱却するために、オークランドではさらに4週間~8週間もの間警戒レベル3を保つ可能性があると示唆いたしました。ただこの度の発表では警戒レベルの規制に少し変更もありました。警戒レベル3を新たに3つに分類 する 「three-step plan」 取り入れることで市民のストレス緩和や経済の回復を状況判断のもと徐々に進めて行く狙いがあるようです。そのためそれぞれのプランはその都度状況をみて毎週判断をし、オークランド市民にルールとして順守させていくようです。

それぞれのステップ(Phase)は以下となります。

Phase 1では (本日10月5日NZ23:59分から適応) 外出先での交友(屋内禁止)が2世帯(最大10名)まで許可されます。 また幼児教育機関や託児所等では最大10名までのバブルが許可されます。更にオークランド周辺地域でのレクリエーション(ビーチでの散歩やハンティングやフィッシングなど)が許可されます。

Phase2では小売店などの営業が許可されミュージアムや動物園、プールや図書館などの公共施設の営業が許可されます。外での交友は最大25名までとなり、結婚式や葬儀なども最大25名+スタッフで行うことができるようになります。

Phase3ではホスピタリティ業の営業許可がおり、クロースコンタクトのある美容室等に行くことができるようになります。更に屋外のみならず屋内でのアクティビティでも最大50名までで行うことが許可されます。

長らくコロナ感染者0を目指してきたニュージーランドですが、この度の発表ではコロナ感染拡大をコントロールしていくことは可能だが、0にすることは難しいだろうとの発言もありました。以前オーストラリアがコロナ撲滅から共存していく方向に政策をもっていく必要があると発表があったように、ニュージーランドもその方向に向かっているように感じます。もちろんその背景にはワクチンの接種率の向上があり、今後さらに接種者が増えていけば、そう遠くない将来にニュージーランドへ旅行者が訪れる日が来る気がします。

それではまた!

参考 – nzherald

オークランド警戒レベル3

みなさんこんにちは!

予想以上に長引いているオークランドのロックダウンですが、先週ようやく警戒レベル3へと引き下げられました。多くの飲食店でのテイクアウェイが可能となり、警戒レベル3に下がった日にはファストフード店に長い列ができました。

ただ、外食のテイクアウェイが可能となったとはいっても、ステイホームは変わりありません、1週間後にレベル2に引き下げられるかは来週の発表を待つのみです。

本日の新規感染者は12名でした、そのうち2名は出所が分かっていないようです。またこの度のロックダウンが長引いている理由として、市民の意識の低下があげられルールを破った者への罰金が大幅に引き上げられたことも話題となりました。例として許可のない旅行者には罰金最大NZ$4000から最大NZ$12000へ引き上げられ、マスク着用義務のあるエリアでのマスクの不着用者には最大NZ$4000の罰金が課せられます。

またワクチンの接種率は急激に伸びてきており(もともと人口が少ないのもありますが..)、オークランドではすでに82%の市民が1回目の接種を完了しております。自身もちょうど先日2回目の接種を完了させました。

今の楽しみは日課にしているお散歩です。ニュージーランド最大の都市オークランドといっても都心から少し離れた(車で20分ほど)私の住んでいる地域は近所に大自然を感じれるお散歩コースがあります。

長引くロックダウン、来週には警戒レベルの引き下げとなるよう願っております。

それではまた!

参考 – NZherald

オークランドロックダウン5週目

みなさんこんにちは!

今週よりロックダウンが5週目へと突入したオークランドですが、本日の新規コミュニティ感染者は13名と徐々にその数を減らしてきております。このまま感染者数が減っていけば来週にはレベル3へと移行するのではないかと思いますが、現段階ではまだわかりません。

現在の警戒レベルは4、この警戒レベルでは通常、食材の買い出しや近所の散歩等を除き家にて過ごす必要があります。警戒レベル3となれば飲食店からのテイクアウェイが可能となり外食を楽しむことができる分幾分か楽しみが増えるので多くの人々が待ち遠しく思っているのではないでしょうか。

その後レベル2へと移行すれば(現在オークランド以外はレベル2)100人までの集まりが許可されるので、ジムなどの娯楽施設も利用可能となります。

ワクチンの接種率に関しても、他国と比べると低いニュージーランドですが以前と比べ接種の予約もしやすくなったこともあり今後増えていくのではないかと思います。

それではまた進展がありましたら報告させていただきます!

参考 – RNZ

オークランド以外レベル2へ

こんにちは!

コミュニティ感染者がでてから長期ロックダウンへと移行したオークランドですが、4週間のロックダウン生活もあと残すこと1週間となりました。今後オークランドで警戒レベルの緩和があるかどうかは来週の発表を待つしかありませんが、感染者が確認されたその日にロックダウンしたことが功を奏し、一時期は急増したコミュニティ感染者も現在は一日あたり20名前後と減少をみせています。さらに新たな感染者は現在オークランドでのみとなっております。

これを受け、オークランド以外の地域では本日9月7日の深夜より”デルタ警戒レベル2”へと移行することが決定されました。

警戒レベルを4段階に分けることにより、国民へとそのルールを迅速に把握させ対応させてきたニュージーランドですが、上記でも述べた通りこの度の“デルタ警戒レベル2”は猛威を振るうデルタ株に対応するため、これまでのものよりルールが厳格化されております。レストラン、バーやクラブでの入場制限や、公共の場でのマスクの着用の義務化などが主にあげられます。

その他にも追跡アプリの使用など、これまでは推奨のニュアンスが強かったものが義務化されることとなりました。

細かく言えばその他にもたくさんルールはあるのですが、ニュージーランドのアーダーン首相は大事なこととして”Wear a mask, scan everywhere you go(外出時はマスクの着用、追跡アプリの使用をしてください)”と述べました。

今後の展開は来週の発表を待つのみとなりますので、また情報が入り次第ご報告いたします。

それではまた!

参考 – NZherald.co.nz