Kazuya Restaurant – オークランド

本日ご紹介させていただくのは、オークランド市内より車で15分ほどにあるレストランKazuya Restaurant。日本人のオーナーシェフがやっていて、日本やヨーロッパに感化されたフュージョン 料理を提供し、”The Metro Peugiot Restaurant of the year 2019″に選ばれるなど 数々の賞を受賞されている是非おすすめしたいレストランです。

まずはロケーションから

市内から車で15分ほど、もちろん市内より電車や、バスで行くこともできます。住所はこちら193 Symonds St, Eden Terrace, Auckland 1010

光が反射してしまっておりますが、表もシンプルで良い感じ。

中に入ると、受賞された賞などが飾ってあり。少し薄暗い廊下を進んでいくと、とても雰囲気のあるフロアへと案内されます。


奥にはバーもあり、豊富なワインや日本酒などが取り揃えてあります。

席は25席でこの日も各テーブル全て予約が入っているそうで、きれいにカトラリーが並べてあります。

一品目は豆腐のピュレとイクラでした。これは日本人なら間違いないという感じで口当たりもなめらかでおいしかったです。

こちらは泡が全体を包み込んでいますが、中にはエビやアーモンド、オレンジのソースが入っており、非常においしかったです。上の泡ソースはエビの出汁がしっかりときいていて味、食感、風味、様々な五感で楽しませてくれます。

こちらは手作りパンの盛り合わせ。特に下の米粉パンは甘味もありしっとりしていて日本人の好みに合うのではないでしょうか。オリジナルブレンドのオリーブオイルとシーソルトやバター、ジャムと一緒にいただきました。

こちらは鹿肉のたたきです。中にはやわらかいナス、パースニップが入っていて。パルミジャーノチーズが良いアクセントとなっています。

まだまだ続きます。お次は白魚をつかったカッペリーニです。カッペリーニは細麺を使ったパスタの一種ですが、こちらをホワイトソースでいただきます。白魚も揚げたものと火を通しただけのものが加えられており食感も楽しめます。

次に出てきたのはサラダ。写真が暗くて申し訳ないのですが、こちらのサラダ旬の野菜を30種類以上も使っているとか。さらにそれぞれの野菜にあった調理法で調理していて最後に一皿にまとめるという手の込みよう。自分では絶対作れません。中にはプロシュートも入っており、何より玉ねぎのアイスクリームがおいしい、贅沢な一品。

お次はお魚料理、白身魚の上には出汁のきいた泡のソースと、サヤエンドウ。海苔のソースと一緒にいただきます。やはり全体的にはフレンチという感じなんですが、要所要所に日本を感じるものが含まれていて、馴染みやすい料理です。

全て料理に工夫がみられますが、お次はやはりメインといっても過言ではないと思います。こちらはアンガスビーフのステーキですが、びっくりするほどやわらかい。私もオーストラリアに住んでいたことがあるのでアンガスビーフはよく食べていたのですが、脂肪分の少ないお肉がここまで柔らかくなるのは驚きです。低温調理によって時間をかけて焼き上げることでここまでおいしくなるそうです。


メインのデザートの前にお口直しのスイーツ。柑橘系のカンパリゼリーとグレープフルーツのソルベです。

いよいよデザートですが、チーズケーキ、パルミエアイス、リンゴを煮たものをいただきました。

さらにショコラやマカロンまで。もうすでにお腹はいっぱいですが、すべておいしくいただきました。

以上がこの日のコース内容でしたが、コース内容は変わることもあると思うので問い合わせてみてください。

ベジタリアンの方や、アレルギーのある方なども前もって予約すれば対応していただけるみたいです。

何か特別な日や、オークランドに滞在される方はぜひ一度お立ち寄りいただきたい場所です。

Waikite Valley Thermal Pool (ワイキテバレー温泉)

今日は温泉の街「ロトルア」近郊にある、Waikite Valley Thermal Pool(ワイキテバレー温泉)のご紹介です。

ワイキテバレー温泉は、ロトルアの中心部からは車で約30分の距離にあります。景観保護区にもし指定されていて多くの観光客が訪れる、Wai-o-Tapu(ワイオタプ)と言う地熱地帯のすぐそばです。シャトルバス等が走っていないので、レンタカーで旅行している方しか行くことが出来ないのがネックですが…。その分入浴料がお安く設定されております。ちなみにロトルアは、別府市と姉妹都市提携を結んでいます。温泉繋がりですね。

さて早速施設のご紹介です。入口にある看板ですが、女性が気持ちよさそうに入浴していますね~。♨


入口を入ると、温泉が見えてきました。中心にあるのは、温度が低く子供が遊べるような温泉プールです。左側にあるのが受付とカフェになっています。正面奥にあるのが着替え室です。(ちょっと分かり難いかな?)


受付を済ませると、「ウォーキングコースがあるから行ってみて!」と言われたので、さっそく行ってみることに。「Te Manaroa Spring Eco Trail」という看板の方面に歩いてみると。整備されたウォーキングコースがありました。

整備されたウォーキングコースを歩くこと10分程度で、源泉を見ることが出来ます。ブクブクと温泉が沸いている姿は迫力満点です!

迫力ある源泉を見た後は、いよいよ入浴です。ちなみにNZの温泉では水着着用が一般的です。勿論私も水着着用です。ちなみにですが、プライベートバスもありますので、そこだったら日本式で入っても大丈夫です。今回はここの温泉で2時間近く滞在しました。普段はシャワーのみで生活するNZ在住日本人には、本当に嬉しい限りです。

温泉の写真も撮りたかったのですが、多くの入浴客がいたのでNGでした…。温泉の公式ウェブサイトで温泉をご確認ください。この温泉には、キャンピンググラウンドも併設していますので、キャンピングカーとかテントで旅行している旅行者の利用が可能です。

入浴料は、大人$20・子供$11と他の温泉に比べてもリーズナブルな料金設定です。お車をお持ちの方は、是非訪れてみてください。

Waikite Valley Thermal Pool https://www.hotpools.co.nz/

https://goo.gl/maps/oCgFBGMpBjxdtqZ29

オークランド-さくら(ワンツリーヒル)

春といえば桜、実はここオークランドでも桜をみれる場所があります。

それがオークランド市内観光の定番でもあるワンツリーヒルに隣接するコーンウォール・パークです。

アクセスの仕方はバスや電車、様々ですが、この日は市内クイーンストリートとウェルズリーストリートの交差点近くからバスにのり徒歩含め1時間程かけて行ってきました。(BUS 30,309)

この日は天気があまりよくありませんでしたが、シーズンが終わってしまう前にと思い切っていってみたところ、人も少なくていい感じでした。(シーズン9月~10月頃)



ニュージーランドでは日本の様にお酒を飲みながらのお花見はできませんが、天気の良い日にはピクニックを楽しんでいる方もたくさんいます。

その他にも園内には、350種を超える多種多様な木々が植えられておりその数は8000本を超えると言われています。

日本ではあまり見られないような植物もご覧いただけるのではないでしょうか。

ワンツリーヒルといえば羊、間近でお写真も撮れちゃいます。

ワンツリーヒルは高さ183メートルほどの死火山であり、1時間ちょっとあればまわれてしまう初心者にもやさしいハイキングコースとなっています。この日はあいにくの雨だったので頂上まで行けませんでしたが、お天気のいい日は景色も良いのでおすすめです。

電車やバスでも簡単にアクセスできますし、不安な方は日本語ガイド付きの市内観光と含めてアレンジすることもできます。

オークランド市内観光をみてみる

オークランドお立ち寄りの際はぜひ!

フィッシュマーケット オークランド

本日はオークランドにあるフィッシュマーケットに行ってきたので少しご紹介しようかと思います。

まずはロケーションから

フィッシュマーケットはオークランドのワインヤードクォーターに位置し、クイーンストリート目の前のブリトマート駅より徒歩20分ほどのところにあります。

1904年よりオープンし、100年以上もオークランド魚市の中心として栄えてきた場所で、ここ最近リニューアルオープンをし様々なレストランやカフェを楽しめる場所として観光客や地元の方々に愛されています。

海外のすしネタの定番、マグロやサーモンももちろん

時期にによって、マルスズキやアジ、ボラ、カガミダイ、サワラ、ミナミアカヒゲなど日本の食卓ではあまり馴染みのないおさかなも売られています。

切り身も多く置いてありますが、サーモンやタイ、カンパチなどまるまる置いてあるものも多いのでみるだけでも楽しめるのではないでしょうか。


ロブスターや

貝類。この日はムール貝の安さにびっくりしてたくさん買ってしまいました。1キロで4.95ドルなので、今のレートだと350円弱です。

次に食事処を少しご紹介したいと思います。

リニューアルオープンしてからできたお店は多国籍な料理をそろえていて、レストランというよりはフードコートのような感じでお店が並んでいます。

Azabu – Sublime sushi and sashimi plus Japanese classics
Billypot – Mussels in the pot from the boat to the steam.
Super Pizza – Genuine Italian street food
Good Karma – Coffee, cakes, espressos
Little Lato – Bespoke gelato and sorbet
Sanford & Sons – The original New Zealand fishmonger
Tiki Thai – Thai food re-imagined
Ika Bowl – Polynesian poke bowl classic. Freshest fish ever.
Market Galley – East meets west, favourites, family classics.
Mar and Tierra – Unique Latin grill fusion
The Wreck – Craft beers, NZ wine, liquor, tall tales. Auckland Fish Market’s newest bar

生ガキやイカフライなどシーフードはもちろんのこと、日本料理、タイ料理、南米料理、イタリア料理からカフェまで様々なお店が並んでおりその日の気分で立ち寄れます。

また、港沿いの通りにでるとそこにもレストランやバー、カフェが立ち並んでおり、私も天気の良い日は散歩をして楽しんでいます。

街の中心地から徒歩圏内に位置していますので、時間のある時は是非おすすめしたいスポットのひとつです。オークランドお立ち寄りの際はぜひ!

HKS Bubble Waffle – 香港スイーツ

本日はオークランド市内にある香港スイーツHKS Bubble Waffleをご紹介します。移民の国ニュージーランドは多種多様な人種が暮らす国としても知られておりますが、そのメリットのひとつは国内でさまざまな食文化に触れることができることです。

中でも最近自分がはまっているのは、香港スイーツであるエッグワッフル屋さん、HKS Bubble Waffleです。

Google Mapでみる

Auckland City Library の近くに位置しており学校も多い地域なので多くの学生が訪れます。

特徴として、ワッフルを写真のような球状に焼き上げており、様々なフレーバーやトッピングを自分でアレンジすることもできますし、オリジナルメニューから選ぶこともできます。あとこちらのお店は何といっても店員さんがとてもフレンドリーで通いたくなってしまいます。

オークランドにお越しの際は是非訪れてみてください。

ちなみにこちらのお店はZOMATOという日本でいう食べログのような、レビューサイト、アプリで高い評価を得ていたため、いってみようということになりました。

ZOMATOでは地域ごとのレストランやその他飲食店の情報をみることができますので、ぜひニュージーランドにお越しの際は使ってみてください。

ZOMATO-ウェブサイトをみる

カフェのまち

ニュージーランドでは平日休日問わず、早朝のカフェにはたくさんの人がいらっしゃいます。ニュージーランドのコーヒー文化はヨーロッパからの移民とともに発展し、今ではイタリア式のエスプレッソコーヒーが主流となっております。日本ではフランス式とも言わるドリップ式コーヒーが主流ですので、ニュージーランドを訪れた際はぜひニュージーランドのカフェに立ち寄って、日本とはまた違ったコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか?。

ということで、本日はオークランドシティ内にあるカフェOddets Eateryをご紹介させていただきたいと思います。

こちらのカフェ、朝からオープンしているのはもちろんのこと、ランチやディナー、さらに夜もやっておりますのでカフェとしての利用だけでなく食事やお酒も楽しめる場所となっております。(*日曜日、月曜日は午後3時で閉まります)


テラス席もあり。お天気のいい日なんかはたくさんのお客さんが訪れます。

普段混雑しているカフェに一人でいくのは遠慮がちの私ですが、こちらはカウンター席もあるので思い立った時でも気兼ねなく立ち寄れます。

料理も日本人の私の舌にも合うものが多く、様々なスパイスを使ったりといろいろな国からインスパイアされた料理を季節によって提供しています。

飲み物もカクテルを含む様々なお酒からしぼりたてのフレッシュジュースや、スムージーなど様々で、大人から子供まで楽しめるのもいい点だと思います。

コーヒーだけ飲みたい!という方ももちろんいらっしゃいますし、テイクアウェイ(お持ち帰り)で頼まれるかたもたくさんいらっしゃいますので是非気軽に立ち寄ってみてください。

Oddets Eatery-Google Map でみる

Mt Eden(マウントイーデン)

人気の観光スポットMt Eden(標高196m)のご紹介です。市内からは27系統のバスで行くか、Link Bus(Outerlink)でおおよそ20分ほどで到着です。車で行かれる方は、現在車は山頂までの乗り入れが禁止されておりますので、途中の駐車場へ車を駐車して徒歩で山頂へ向かいます。標高196mのマウントイーデンは、簡単なハイキングコースにもなっています。駐車場から頂上までは、最短ルート(麓から見て右回りコース)を通れば15分くらいですが、周りをぐるっと回って遠回り(麓から見て左回りコース)すると、約30分ほどで山頂到着です。時間に余裕のある方は、是非遠回りでハイキングを楽しんでみてください。

山頂へ到着すると、この時期でも多くの観光客でにぎわっていました。


Mt Eden山頂

Mt Edenは死火山ですが、火口へ入ることは禁じられていますので、火口へは入らないようにお気を付けください。(写真忘れました。)

山頂からはオークランドの絶景がお楽しみいただけます。遠くに見えるは、スカイタワーです。

スカイタワーを望む

遠くに見えるはランギトト島です。

Rangitoto Island

ラグビーの聖地、イーデンパークスタジアム。

Eden Park Staduium

こちらは、ワンツリーヒルです。

One Tree Hill

インスタグラムでよく紹介されている風景です。

オークランド滞在中にお時間のある方は、是非訪れてみてください。

マウントイーデンのご案内はこちらです。(英語ウェブサイト)

オークランド アートギャラリー

先日初めてオークランド美術館に行ってきました。国内外のアーティストの古典から近代までのアートが多くてんじされていました。

ニュージーランドの先住民のマオリ族伝統のアートも展示されており、歴史も学べる場所です!

私が行った時期には、ちょうどマオリと近代文化のコラボという催しが開催しており、マオリの伝統衣装を現代風にアレンジをしてファッションショーが行われその衣装が展示されていました。バックではファッションショーの映像と音楽が流れており普段の静かな美術館とは少しちがったテイストの催しでした。

建物も外見はモダンな作りですが中は展示されている内容によってかえている様で美術品だけでなく各部屋も見て楽しめる場所です。

中にはカフェもあるので最後にはコーヒーで休憩なんかもいいかもしれません。

入場料は大人$20、65歳以上のシニアは$17、12歳以下の子供は無料となっています。

ぜひオークランドに来た際は立寄ってみてください。

デボンポート(Devonport)

先日、6月23日(日曜日)オークランドの公共交通機関であるAT(Auckland Transport)がバス、電車、一部フェリーを一日無料にするというキャンペーンを実施しました。これはこれらの共通機関の利用者が過去1年で1憶人を超えたことを祝うキャンペーンで、実施日が日曜日ということもあってたくさんの方がでかけらたことでしょう。

私も実際オークランドから北側にフェリーで10分ほどに位置するデボンポートへと行ってきました。

この日は無料ということでチケットはいらずゲートも開いたままになってますが、普段は片道7.5ドルです。

出港直後、後方にスカイタワーがみえます。
左手に見える建物は1840年に建てられたもので、現在はフェリーターミナルとしてだけではなく、イベント会場として使われたりと複合施設として市民や観光客から親しまれています。
デボンポートチョコレート(Devonport Chocolate)

デボンポート到着後、すぐに目の前に位置する大通りのビクトリアロード(Victoria Road)にはすてきなカフェや、レストランなどがたくさんありますが、この日はチョコレート屋さんへと行きました。

かわいらしいチョコレートを個別に購入することもできますので、ちょっと立ち寄って楽しむこともできます。

店の奥では実際にチョコレートを作っている様子もご覧いただけます。このDevonport Chocolateは実はオークランドCBDにもお店がありますので、興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

デボンポート支店→17 Wynyard St, Devonport, Auckland https://www.google.co.jp/maps/place/Devonport+Chocolates/@-36.8450997,174.7650253,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6d0d47fbe5ca74ef:0xa9f709584fdd20b!8m2!3d-36.845104!4d174.767214?hl=ja

オークランドCBD支店→17 Wynyard St, Devonport, Auckland 0624https://www.google.co.jp/maps/place/Devonport+Chocolates/@-36.8308457,174.7939283,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6d0d37dd3cc7ad19:0x8a9836eecd1476ec!8m2!3d-36.83085!4d174.796117?hl=ja

その後訪れたマウントビクトリアではオークランド市街の絶景を反対岸から望むことができます。フェリーターミナルから徒歩で20分から30分程で登ることができ天気が良ければ360度の絶景を見渡すことができるのでおすすめです。

ノースヘッド方面
奥にみえる島がランギトト島です

この日はお天気に恵まれたため、景色をメインに訪れましたが、そのほかにも自転車をレンタルしサイクリングをしたり、フィッシュ&チップスを食べたり、カフェや雑貨屋さんを楽しんだりとのんびり楽しめるものがたくさんあります。市内からフェリーで10分とアクセスも非常に良いので、オークランドを訪れた際は是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

ロトルア おすすめツアー ミタイ マオリ ビレッジ編

ロトルアにはマオリ文化を学べるツアーが多くあります。もう一つそんなマオリ文化を学べるツアーをご紹介します。

このミタイ マオリ ビレッジではマオリ伝統の衣装を身に着けて踊るポイダンスやマオリの戦士達の戦術方法などを間近でご覧いただくことができます。

私が参加した日は気温が7度という寒い日だったのですが、戦士たちは裸足で、また伝統服装でのパフォーマンスでした。体全体を使ったパフォーマンスはとっても迫力があります。

またパフォーマンスの他にもマオリの歴史も学ぶことができます。

これはWaka(ワカ)マオリ語でカヌーを意味します。その昔、初めてニュージーランドにやってきたマオリ達はこのようなワカに乗ってやってきたと言われています。木製のとても大きなカヌーで当時は今の様なGPSなどはもちろんないので、星を頼りにここニュージーランドまでやってきたと言われています。

そしてロトルアにやってきたマオリ達はこの土地の特性である間欠泉、そこから出る水蒸気を日々の生活に使っていきました。その一つがHangi(ハンギ)です。


間欠泉から出る高温の水蒸気で食材を調理していたと言われています。これは地面から出る水蒸気を使って調理をしているところです。

ディナーはビュッフェ形式になっていて、出されるメニューのほとんどがハンギ、伝統的な方法で調理されています。

マオリのパフォーマンスをみて伝統のハンギディナーを食べて、マオリ文化にどっぷりつかってみてください!