Winter/Home > NZスキー場一覧

NZスキー場一覧

■NZスキー地図はこちら

ニュージーランド国内のスキー場は、「コマーシャルスキーフィールド」と「クラブスキーフィールド」の2つがあります。

コマーシャルスキーフィールドは、日本のスキー場と同じ営利目的のスキー場で、場内にはレストランやカフェテリア、レンタルスキー等全て揃っておりとても便利です。

■クラブスキーフィールドとは・・・?日本ではあまり聞き慣れませんが、このクラブスキーフィールドが今、日本のパウダージャンキーにも人気を呼んでいます。ニュージーランド国内25箇所あるスキー場のうち、約10箇所がこのクラブスキーフィールドです。クラブスキーフィールドは営利目的ではなく、運営資金をクラブメンバーのメンバーフィー(実質的には寄付金のようなもの)で賄っており、クラブメンバーの為に運営しているスキー場です。しかし、一般のビジターも受け入れてくれます!
クラブスキーフィールドの設備は乏しく、スキー場のベースまで続くマウンテンロードは、ダブルブラックなみの悪路が続きます。スキー場内には、レストランと呼ぶには相応しくない小屋があり、リフトも日本のスキーヤーにはあまりお馴染みでない「ロープトゥー」というものが殆どです。このロープトゥーが曲者で、特にスノーボーダーにはお勧めできません。以前プロスキーヤーをクラブスキーフィールドへお連れした際も、最初はこのロープトゥーに乗ることさえ出来なかったくらいの曲者!でもこのロープトゥーを克服すれば、こんなに素晴らしいスキー場は無いと気がつくはずです。
クラブスキーフィールドのほとんどが圧雪車を所有していない為、ゲレンデ全てがオフピステなのです!これはパウダージャンキーにはたまりません。1日パウダーをすべりまくれば、満足度120%!

カンタベリーエリア / Canterbury Area

【マウントハット/Mt Hutt】<コマーシャルスキーフィールド>
2005年シーズンから6人乗りチェアリフトが新設されます。昨年新しくオープンしたラカイアサドルは、バックカントリー派には見逃せません。
>>マウントハット / Mt Hutt 詳細はこちら

【ポーターズ/Porters】<コマーシャルスキーフィールド>
NZで一番古いコマーシャルスキーフィールド。NZのスキー場では一番の急斜面(Bluff Face平均斜度40度)や、ニュージーランドには珍しい1.5Kmのロングランオフピステがあります。バックカントリー派や、基礎系でも楽しめるでしょう。宿泊施設もあります。
>>ポーターハイツ / Porters 詳細はこちら

【マウントオリンパス / Mt Olympus】<クラブスキーフィールド>
カンタベリーエリアにある、クラブスキーフィールドの一つです。斜面がやや南向きなので、ほかのスキー場とコンディションがかなり違う日もあります。宿泊施設もあります。
>>マウントオリンパス / Mt Olympus 詳細はこちら

【クレイギーバーン / Craigiburn】<クラブスキーフィールド>
エクストリームスキーヤーは絶対に訪れるべき!USAエクストリームチームも遠征に来たスキー場です。グレンプレイクスがスキー場内で、転倒したことから、「プレイクズミステイク」という名前のコースも!宿泊施設もあります。
>>クレイギーバーン / Craigiburn 詳細はこちら

【ブロークンリバー/Broken River】<クラブスキーフィールド>
2011年スキーシーズンから、駐車場スキー場間がリフト結ばれ楽々アクセスが可能になりました。クレイギーバーンとは、尾根を隔てて隣同士のスキー場です。両スキー場間のツアースキーも可能ですが、山の装備が必要です。宿泊施設もあります。
>>ブロークンリバー / Broken River 詳細はこちら

【マウントチーズマン / Mt Cheesman】<クラブスキーフィールド>
クラブスキーフィールドですが、ファミリーも楽しめるように、Tバーリフトがあるのが特徴です。宿泊施設もあります。

【テンプルベイスン / Temple Basin】<クラブスキーフィールド>
アーサーズパス国立公園に隣接しているスキー場。駐車場から徒歩で1.5時間!スキー前のいい運動になるでしょう。西海岸地方に位置する為、NZ国内のスキー場でも豪雪地帯としてマニアには知られています。宿泊施設もあります。

【ハンマースプリングス/Hanmer Springs】
<クラブスキーフィールド>
ハンマース温泉かららくらくアクセスのスキーエリア。ハンマー温泉から17Kmと以外と近く、スキーで疲れたからだは温泉で癒すのが一番ですね。宿泊施設もあります。

マッケンジーエリア / Mackenzie Area

【フォックスピーク / Fox Peak】<クラブスキーフィールド>
ベースの街となるのは、フェアリーになります。フェアリーは、マウントドブソンへのベースタウンにもなっております。宿泊施設あります。

【マウントドブソン/Mt Dobson】<コマーシャルスキーフィールド>
2004年シーズンからトリプルチェアリフトが新設されました。天気のよい日は、山頂付近から遠くにテカポ湖が望めます。
>>マウントドブソン / Mt Dobson 詳細はこちら

【ラウンドヒル/Round Hill】
美しい湖の湖岸にあるラウンドヒルスキー場。テカポを眺めながらのクルージングは格別です。1.2KmのTバーが効率良くスキーヤーを運んでくれます。2011年にはNZ国内でもっとも急なロープトゥーが設営されました、リフトも急ですがその斜面は滑る価値大です。
>>ラウンドヒル / Round Hill 詳細はこちら

【オハウ/Ohau 】<コマーシャルスキーフィールド>
2004年シーズンから2人乗りチェアリフトが新設。オハウ湖を眺めながらのクルージングは最高!オフピステが豊富なスキー場の一つでもあり、ハイクアップも楽しめます。スキー場の麓にはレイクオハウロッジがあります。
>>オハウ / Ohau 詳細はこちら

ワナカ・サザンレイクスエリア / Wanaka Southern Lakes Area

【カードローナ/Cardrona】<コマーシャルスキーフィールド>
巨大ハーフパイプを4つ備えるスキー場。スキーヤーにも絶大な人気を誇っています。カードローナスキー場では、人口降雪機を一切使用しないので、100%ナチュラルスノーです。宿泊施設もあります。
>>カードローナ / Cardrona 詳細はこちら

【トレブルコーン/Treble Corn】<コマーシャルスキーフィールド>
モーグルキャンプなどが盛んに行われるトレブルコーン。あ〜Ski Nowが懐かしいです。今年からサドルベイスンに新たに4人乗りチェアリフトが新設されて、オフピステの範囲が広がりました!
>>トレブルコーン / Treble Corn 詳細はこちら

【スノーパーク/Snow Park 】<コマーシャルスキーフィールド>
スノーボードのキャンプなどを盛んに誘致しているスキー場の一つです。

クイーンズタウン サザンレイクスエリア / Queenstown Southern Lakes Area

【コロネットピーク/Coronet Peak】<コマーシャルスキーフィールド>
言わずと知れた、コロネットピークスキー場。クイーンズタウンに宿泊のスキーヤー、スノーボーダーはまずここで足慣らしですかね?金曜日はナイターも営業しています。ファーストトラックもありますよ!
>>コロネットピーク / Coronet Peak 詳細はこちら

【リマーカブルズ/Remarkables】<コマーシャルスキーフィールド>
コロネットピークの真向かいあるのが、リマーカブルズスキー場です。エクストリームスキーヤーにお勧め。ホームワードランはロングランオフピステが楽しめます。
>>リマーカブルズ / Remarkables 詳細はこちら

このページのTOPへ▲