よくある質問

Photo by Chris McLennan

よくある質問

お客様からのよくあるご質問をまとめました。
その他、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ツアーについて

別の地方のワイナリーツアーはありますか?
オーダーメイドでアレンジいたします。お問い合わせ下さい。
ニュージーランドの主なワイン産地
どうしても行きたいワイナリーがありますが、リクエスト可能ですか?
勿論可能です。オーダーメイドでアレンジいたします。お問い合わせ下さい。
クライストチャーチ近郊のワイナリーだけ訪問したいのですが。
勿論可能です。オーダーメイドでアレンジいたします。お問い合わせ下さい。
ワイナリーに同行してくれるガイドさんは日本人?
地域によって日本人ガイドの手配が可能です。ご希望をお聞かせ下さい。可能な限りオーダーメイドでアレンジします。

試飲について

あまりお酒に強くないのですが大丈夫?
無理に飲む事はありません。
口の中に含んで味や香りを楽しんで、吐き出しても大丈夫です。吐き出す洗面器(クラッシャー)が用意されています。
テイスティング後、なにか買わないとだめですか?
気に入ったワインが無ければ、無理に購入する必要はありません。
テイスティングのやり方・マナーを教えて下さい
チェックポイントは、色・香り・味わいの3点です。最終的には、「自分にあったワインを探す」これが一番の目的ですので、あまり硬くならずにテイスティングを楽しんでください。

その他

ワインの機内持ち込みはできますか?
ワイン(液体)の機内持ち込みは禁止されております。必ず別送品で送るか、受託手荷物に入れて下さい。
購入したワインを日本へ発送したいのですが…?
お店によっては、店舗から直接日本へ発送することが出来ます。
店舗が発送サービスをしていない場合は、現地のガイドまでお問い合わせ下さい。日本発送のお手伝い致します。
海外発送したワインにかかる関税は?
酒類の免税枠はお1人様3本(ボトルサイズ)となっております。例えば、ワイン4本日本へ持ち込む場合は、1本が課税対象となります。1本につき120円前後の関税が課せられます。
別送品の税金申告の仕方を教えて
別送品申告は、日本の帰国空港で申告をして下さい。下記の手順となります。

別送品申告の手順

別送品申告書を機内で受け取り、必要事項を記入する。
(注意:申告書は2枚記入する必要があります)

日本帰国空港の税関にて、機内にて記入した別送品申告書2通を提示します。
別送品申告書1枚は税関職員が募集し、もう1枚は別送品申告済みのスタンプをおして返却してくれます。

税関職員に指示された関税支払い窓口で、関税の支払いをして下さい。

帰国後、税関職員にスタンプを押された「別送品申告書」を指定の住所へ郵送して下さい。

別送品申告書郵送後、数日間で別送品がご自宅に届きます。

このページのTOPへ▲

ヴィンヤードとワイナリーって何が違うの?

ワイナリー(Winery)

ワイナリー(Winery)は、ワインを生産する建物または不動産、もしくはワイン会社などワイン製造に関わる事業をいう。ワイン会社によっては自社ワイナリーを所有するものがある。ワイン製造の設備のほかに、大規模なワイナリーでは倉庫、ビン詰めライン(Bottling line)、研究室、巨大なタンクなども備えているものがある。(ウィキペディアより)

葡萄園(ぶどうえん、葡萄畑、英:Vineyard、仏:Vignoble)

葡萄園は、ワインの原料となるブドウを生産する農場。
ワイン醸造用以外の加工用・生食用ブドウや、ブドウ狩りに供するためのブドウを生産する農場を指すこともある。(ウィキペディアより)

このページのTOPへ▲

ワイン&フード

日本ではあまり知られていないニュージーランドのワインですが、世界のワイン・コンクールで各賞に輝く銘柄も多数あります。また、南北に細長いニュージーランドは地域によって気候も色々、そこで作られるワインの特徴も多種多様です。

日程表はこちら

このページのTOPへ▲

グローバルネット・ニュージーランド

Global Net New Zealand Ltd.

Unit6, Level5, Southern Cross Building, 59 High St, Auckland
09 281 2143
09 366 1946

グローバルネットは、旅行業界に精通したスタッフがご案内する「ニュージーランド旅行専門店」の老舗です。
短期のご旅行や長期のご旅行、ファームスティやホームスティ、ロングスティ、スキー&スノーボードなど、あなただけのオリジナル旅行をつくるお手伝いをいたします。
NZ旅行はグローバルネットにお任せ下さい。